本とかニュースとかITとか

SIerのSEだったりIT企画だったりのサラリーマンブログ

Vue.jsでWebアプリを作ろうとしたら外部APIと連携できず結局Nuxt.jsに辿り着いた

Vue.jsで簡単なwebアプリを作ろうと以下の本等で学んでいたのだが、外部APIとの連携をしようと思うとクロスドメイン制約で結局フロントエンドだけでは完結しないことに今更ながら気づいた・・・(APIサーバー側で制限してなければ勿論可能だし、サンプルでよくある通信先はそういうサーバを選んでいる)

当たり前の話なのだろうが、フロントエンドだけで作ろう!みたいな記事で注意されているのを見たことがない。

 

というので、SSRとVue.jsを統合しているフレームワークであるNuxt.jsでやるべきだと悟りました。

 

 

nextpublishing.jp

 

とりあえず以下で勉強中。

nuxt-beginners-guide.elevenback.jp

iwb.jp

qiita.com

Bootstrap-vueのNuxt.jsへの導入

https://www.hypertextcandy.com/nuxt-bootstrap4

https://note.chatbox-inc.com/post/tec/nuxtjs/bootstrap/

 

 

 

 

今の時代ヤクルトレディーって呼び名は大丈夫なものなの?

CM(ヤクルト400)見てふと思ったけど、今の時代にヤクルトレディーのレディーって大丈夫なんだろうか。そして、男性はなれるのだろうか。

昔からそういう呼び名だから違和感なかったけど、今更ながら思ってしまった。

 

www.yakult.co.jp

python向けのemacs設定(elpyの導入)

spacemacsが重くて使えなかったので、elpyというパッケージを試してみた。

環境はmacemacs 26.1。

elpaへのアクセス(初期設定)

ホームにある emacs.d/init.el へ以下を追記(ファイルがない場合は追記)

(when (require 'package)
   (add-to-list
    'package-archives
    '("melpa" . "http://melpa.milkbox.net/packages/") t)
   (package-initialize)
   )

elpyのインストール

emacsを開いて、

M-x package-install elpy

で完了。*1

そしてinit.elに

 (when (and (require 'python nil t) (require 'elpy nil t))
   (elpy-enable))

 

 を追記(emacsがelpy-modeになるようにするため)。

pythonプロジェクトのパッケージ

python側に必要な依存パッケージがあるため、venv等でプロジェクト毎に環境を作っている場合、忘れずに導入する。

$ source bin/activate
$ pip install jedi もしくは rope
$ pip install flake8 importmagic autopep8 yapf 

elpyの設定状況は 

M-x elpy-config

 で確認可能。

 

使い方

上記設定で.pyのファイルを開けばelpyが有効になる。補完機能を入れていれば、補完もきくはず。

・quickrun(バッファの実行)

  C-c C-c

・コードの自動整形(yapfで)

 C-c C-r f

・画面の横分割

 C-x [数字]

・分割画面間の移動

 C-x o

 

*参考ページ

個人的な Python 用の Emacs の設定 | org-技術

Elpyを使ってPython用Emacsの設定を書いた - ドキュメントを見たほうが早い

Emacsでpythonを書く環境 - type t (* void *) 

*1:M-xはesc(メタキー)を押してからxという意味

洗濯乾燥機のベストな洗濯がわからない

初めて乾燥機を導入しようと思い、いろいろ調べているのだが、細かいところがハッキリしない。

一番まとまっている記事は以下だったが、単独の乾燥機の選択がなく、そこの比較ができない。

blog.kksg.net

 適当にサイトを巡った結果の所感としては以下。どこまで本当なのかよくわからないが。

 

<主な洗濯肢>

 ●縦型洗濯機 + 乾燥機

   ┗ガス式(乾太くん一択の模様)

   ┗電気式(日立が良さそう)

 ●ドラム式の洗濯乾燥機

   ┗ヒートポンプ式

    ┗Panasonic

    ┗東芝

   ┗ヒーター式

    ┗風アイロン(日立)

    ┗その他

 

<検討する観点>

●ちゃんと乾燥できるか

 ヒーター式(風アイロン除く)以外なら大丈夫そう。

●乾燥した際のシワ

 ヒートポンプ式と風アイロンを比較していたサイトを見ると風アイロンの方がシワが少ないと書いてあったが、本当なのか不明。そして、乾燥機単体と比べるとどちらがいいのかも不明。どれも変わらない気もする。

●お手入れの手軽さ

 乾燥機単体のが基本ラクのようだが、ドラム式なら最近のPanasonicのものが良さそう。日立はこの点について渋い評価が多かった。

●省エネ

 ガス式乾燥機が良い?次点でヒートポンプ式?これは調べればわかるだろうが、そこまで興味がないため、労力をかけていない。

 

その他、とにかくガス式乾燥機が最強という言説を聞く。また、ドラム式ならヒートポンプ一択でPanasonicが良いというのが一番メジャーな声という印象。

結局どれを買えばいいのだろうか。

 

 

就職活動でSIer/SEの仕事を勘違いしないようにしてほしい

もう何年も前だが、新卒入社で大手SIerに入社した。当時想像していた仕事とGAPもあったため、SIer業界へ入ることを考えている人への参考になれば。

 

 SIerの定義についてはwikiを調べてもらえればいいと思うが、システムインテグレーターの略称であり、システムをインテグレーションする企業である。

 上流工程から下流工程までシステムのライフサイクルを回し、顧客システムの開発・運用を行う、というような硬い説明は外から見ると何も理解できない。中の人的には格好良く表現したい気持ちはわかるが、ようは「お客様(や業界トレンド)の言うことにあわせて、怒られないように途中途中でお客様と合意をとりながら、丁寧に開発・運用する」ということである。

 

 SIerは技術力がつかない。とよく言われるのは、この「言うことにあわせて」、「合意をとりながら」、「丁寧に」を遂行することに大手SIer・元請けSIerは力を入れているからである。これらにはIT技術もプログラミング能力も必要ない(本来は必要であるが、何であれ顧客と意思疎通ができ、合意形成さえとれればいいのである)。残った開発作業は下請けにお任せする。そのため、大手SIerのような元請けのSEは、実際の開発作業をやるような暇はないのである。開発のプロではなく、システム開発を行う上で、自社を守る合意形成を行うプロなのである。だから文系出身であっても、プログラムに興味がなくともSEになれるし、やっていける。何なら下手に開発に興味がある方が業務の邪魔かもしれない。

 

 では、その下につく「実際に開発・運用を行う」SEはどうか。技術力が身につくのだろうか。答えは現場や会社、ポジションによって違ってしまう。誤解を恐れずに書くと、自由に技術力は身につけられない。決まった要件、決まったプロセス、決まったアーキテクトで誰が開発しても品質を担保できるように開発をするのが、SIerシステム開発である。それに沿った技術は身につくが、それがどのようなものかはプロジェクト次第だ。ここで注意してもらいたいのは、開発するシステムは今時のシステムでない場合がほとんどである、という点である(あくまで私の観測範囲のため、もちろんそうでないパターンもあるとは思う)。私達のスマホに入っているアプリや良く使うWEBサービスではないのだ。昔からある古い経理システムや国や自治体の業務システムである。両者に良い悪いは存在しないが、自分の趣味嗜好と合うかはよく考えた方がいい。古いシステムの古い開発スタイルにも利点や学ぶことはたくさんあるが、それをポジティブに捉えられない場合、転職する羽目になる。

 

 上記は極論ではある。大手SIerであれば、多くの部署があり、幅広い領域がある。WEB系企業のようなことやアジャイル開発や新しいビジネス検討等をやっている部署も恐らくはある。ただし、ごく少数だ。そして、そのような部署に自分が配属されるかは自分でコントロールができない。

 

 自分で社会的意義あるシステムを作りたかったり、自分の興味の技術や分野を身につけたいのであれば、自身が入る会社・PJがマッチしているのか今一度考えた方がいい。新卒であれば、その会社がどの立ち位置で主にどんなシステムのSIerをやっているのかは極めて重要である。IT業界なら何でも良いと思って入ると後で後悔することになるかもしれない。

決電子マネーのレイヤーが複雑なのはどうにかならないのか

普段Apple Pay経由でのiD, Suicaしか使っていないが、QRコード決済の話題も多くなり、いよいよもってキャッシュレスサービスの関係がわからなくなった。

 

ということで、まとめてみた。

f:id:tetsu663:20181215113801j:plain

電子マネーまとめてみた

赤字が支払いの時に伝えるサービス名のつもりで書いている。基本的に電子マネーのレイヤーのものを支払い時に伝えればいい。

やっかいなのは、電子マネーそのもののカードがあったり、逆に決済サービスのウォレットがあったりするので、そこの境界の違いを各サービスごとに意識しないといけないことだ。

 

便利になっているはずなのに、レイヤーが増えて複雑になるっていうのは正しい進化なのだろうか。

 

ネット銀行を駆使した家計(口座)管理のススメ

今まで適当にお金の管理をしていたが、結婚して貯蓄のことや家計と自分の財布を分ける必要が出てくるとそうはいかなくなってきた。

既にネット上にベストプラクティスがありそうだが、現在運用してる方法をまとめる。私は夫婦共働きのため、そういう方の参考になれば幸いである。

 

使用しているサービス/銀行一覧

 

運用イメージ

貯蓄の方法や家計管理の方法を調べると大抵「生活費と貯蓄用の口座は分けたほうがいい」と書いてある。私自身、お金の管理は厳密にした経験もないため、先人たちの言葉にならって以下の形とした。

 

 

(ちなみに自分用の口座はメガバンクである)

 

以下から、実際のお金の流れに沿って説明する。

給与振込

これは会社によると思うが、会社側で給与振込の振り分けが可能であれば、必要な額をそれぞれに振り込めば何も問題はない。

問題は給与振込口座が決まっている場合である。その場合は「自動入金」を使用することで、まるで振り分けたかのような状態にできる。これを手数料なしで実現するために上記の住信SBIやイオン銀行等が適している。

具体的には以下のような形である。

 

  1. 自分の給料がメガバンク口座に振り込まれる
  2. 住信SBIの自動入金サービス(無料)で必要な金額をメガバンク口座から入金する
  3. 生活費として必要なものを自動振込でイオン銀行に振り込む(ランク次第だが、大抵、数回の他行振込は無料)

 

自分の給与口座がメガバンク系であっても、これで3つの口座への振り分けが無料でできる。

生活費

生活費用の口座をイオン銀行にしたのは、家族カードが発行でき、イオンカードセレクトは1枚2役で便利だった(そしてまいばすけっとをよく使う)という理由で選択した。イオン銀行である必要は特段ないと思うが、ネット銀行で家族カードが発行できるところはそこまで多くないため、事前に下調べした方がいい。

 

貯蓄

 貯蓄用口座としてSBIを選択したのは、SBI証券と連動したハイブリッド預金口座が使えるためである。これは普通預金口座とのやりとりが楽で、すぐに取り出せるため、普通の証券口座よりだいぶ取り回しが楽だと思っている。

普通預金口座よりも金利も高いが、現時点だと他口座の方が高かったりするようなので、それを目的にする場合は微妙かもしれない。

1つ大きく困っているのは、この住信SBI普通口座からハイブリッド口座への振替がどうやら自動化できないということである(やり方を知っている人がいれば教えてもらいたい)。そのため、現状の口座管理で唯一ここだけ手動でハイブリッド口座に振替処理を行なっている。

 

www.netbk.co.jp

投資

インデックスファンドを適当に分散投資で積み立てているだけ 。月額積み立てでドルコスト平均法がなんちゃら・・・先進国や日本、新興国で分散してなんちゃら・・・といろいろ本は読んだが、要は「株式市場全体が長期的に成長する」と思えるなら、市場全体に分散して長期的に投資すれば市場の成長分は得できると理解している。完全に素人であるため、これ以上の言及もできない。

可視化

 上記全てマネーフォワードで一括で可視化できる。クレジットカードやSuicaも大抵可能なため、容易に可視化できる。ただ、若干慣れるまで時間がかかった。

現金主義の場合は違う会計簿アプリの方がいいかもしれないが、電子決済でほぼ完結している人は何も考えずマネーフォワードでいいと思う。

ちなみにグループ分けも可能で家計と自分専用で分けることも可能である。

moneyforward.com